内藤いづみ講演会を終えて。

久しぶりの内藤先生との再会に喜びました。
いのちに向き合い、寄り添う大切さの種まき
を全国にされている内藤先生。

今必要とされている方に大切なことを
お届けできたと感じています。

人間の尊厳とは、
自分で考え、
選ぶことができて、
その結果を受け入れて愛することができる。

人生、日々選択の連続です。
一瞬一瞬を積み重ねて人生が創られます。

どんな人生を、どんな自分を創っていくのか。
いのちの主人公である自分が選択して創っていくのです。
悔いのないものにと思います。

看取りは、看取る側のためにも本当に大切です。
残されたご家族が、いのち輝かせて生きていくことこそが
最大の供養となるからです。
悔やんで生きていく姿はお互いに辛いものです。

ふるびら和みとして、そして、私自身いのちを
どうしていくのが、ご縁ある皆様に、そして自分自身の
生きる喜びとなり、いのち輝かせて生きていけるのかを
しっかりと考えて、内藤先生が蒔いてくださった種を
大切に大切に育てていきたいと思います。

内藤先生、
そして、ご参加くださいました皆様、
大切なお時間を共に過ごしていただきまして
本当に本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です