愛とは

皆様、新年あけましておめでとうございます。

久しぶりのブログですが、お付き合いください。

昨年は、色々と活動をしておりましたが
私自身としては、立ち止まって考えていたことが多かったように思います。

長年、関わらせていただいた利用者様が施設に入所されたり
亡くなられたりと、寂しい思いも沢山ありました。

死ぬことはマイナスではないと分かりつつも寂しくなり
また、改めて感じることがあります。

それは、利用者様から溢れるほどの愛情をいただいていたこと。
以前から気づいていたことではありますが、
今、尚更
しみじみと思うのです。
思い出すだけで、胸がいっぱいになり涙が溢れます。

自分の選択はこれで良かったのかどうか。
いのちの重さ、大切さを思うと
また、正解のない仕事なだけに、自問自答することが多くあります。
一生懸命な自分自身を責めてしまうこともあります。

でも、
その人を大切に想い、考えながら、共に生きてきたこと。
それだけで、もしかしたら大正解なのかも知れない。

共に生きてきた日々が、
振り返ると何物にも変え難い宝物になっていました。

今を生きる人生のなかで
こうして巡り会えて、さまざまな経験をとおして
愛を感じあえる。

そのために巡り会ったのだとさえ思えます。

出逢い、長い月日を共に過ごしながら果たしていきたいことがあるご縁。
そして、短いご縁ではあっても、その時お互いに必要なご縁だったこと。

愛とは
人のことではなく、自分のことを愛すること。
ダメな自分も素敵な自分もまるごと愛すること。
愛おしく思うこと。
自分の生きる道を、自分らしく歩くこと。

自分が愛そのものになれば、
周りの人にも愛が伝わる。
大切な人にも愛が届く。

誰に認めてもらわなくても、自分が認める。
そして、
大切な自分自身のことを、そのいのちを
まるで自分のことのように大切に想ってくれる人が目の前にいるのです。

目に見えない大切な愛を、けして見失わずに
今年はより一層大切に育てていきたいと思います。

この写真は、ケアプラン事業所ふるびら和みケアマネの今年の想いであります。

あなたとともに、
愛に生きる。

それが、世界平和へとつながっていくのです。

たぶん、きっと!
間違いなく!

sscn6121

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です